ビットコイン相場推移と価格変動!仮想通貨相場急上昇!

ビットコイン(Bitcoin)とイーサリアム(Ethereum)などほとんどの仮想貨幣相場が上昇しています。

米国と中国が関税爆弾貿易戦争に巻き込まれ、米ニューヨーク証券市場のダウ指数などが大きく落ちているものの、仮想通貨はむしろ上がっています。

米国ニューヨーク証券市場とニューヨークの暗号貨幣取引所などによると、ビットコインなど暗号通貨と仮想通貨相場が上昇気流に乗っています。



仮想通貨の代名詞であるビットコイン(Bitcoin)は、一日前に比べて1コイン当たりの割合では+1.42%上昇した状態で動いています。

仮想貨幣相場の上昇は最近、金融市場の全般的な下落状況とは大きく対照されます。

米国と中国が貿易戦争を繰り広げ、米ニューヨーク証券市場はもちろん、日本東京証券市場の中国上海証券市場などが大幅に下落しています。

また、国際原油価格や金価格の債券金利なども乱高下しています。

トランプ大統領が近いうちに中国を向かって二番目の関税爆弾を爆発させる意志を示しており、今週には金融市場のパニック状況がさらにひどくなる可能性もあります。

それでも、ビットコイン相場推移そして、すべての仮想通貨(暗号貨幣)相場は、急上昇しています。



米ニューヨーク証券市場の仮想通貨の専門家たちは、中国との貿易戦争ショックにもかかわらず、仮想通貨相場がこのように上昇していることについて

米国の税金申告の締め切り日の4月15日が近づくにつれ、そのあと、仮想貨幣価格が上がるだろうという展望が相次いで出ていることによるものとみています。

その中でも特に米国証券市場最高のアナリー・ストロール名声を積んできたJPモルガン・首席ブレーン出身のトム・リー(Tom Lee)が同日発表した

仮想貨幣相場見通し報告書が特に注目を集めています。

Tom LeeはJPモルガンで首席ブレーンとして活躍した後、今、米ニューヨーク証券市場でFundstratという仮想通貨研究所を運営しています。

Tom Leeは、この報告書でしばらく仮想通貨相場が下落したのは、昨年仮想通貨の投資所得による税金納付の負担のためだったとし、

米国の税金申告が今日4月15日に終わるため、ビットコイン相場推移:仮想通貨相場が本格的に値上がりしかねないと見込んでいます。