仮想通貨ビットコイン相場推移、Bitcoin価格17%暴騰分析!


仮想通貨ビットコイン価格が17%高騰の勢いを見せました。

CNBCニュースとブルムバーグ通信などの報道によると、前日6900ドル前後を動いていたBitcoin価格は17%以上値上がりした最高8011ドルまで上昇しました。

仮想通貨取引所であるWorldCoinIndexによると、13日午後、ビットコイン価格は7994ドルに取引されました。



ビットコインは昨年12月一万9000ドルを突破するなど、高騰振りを続けてきました。

わずか1年の間におよそ2000%以上上昇したものです。

しかし、仮想通貨ビットコイン相場推移を見ると、Bitcoin価格はその後3分の1水準である6000ドル半ばに急落しました。

仮想通貨価格がこれまで急落振りを見せた原因は韓国や中国などに続き米国まで仮想通貨に対する規制を強化したためです。

また、米国の仮想通貨に対する所得税納付の負担も仮想通貨下落傾向を加重させました。



所得税の締切日である4月17日を控えて仮想通貨売りの波が起きたのです。

取引所は法定貨幣がなく、仮想貨幣の形で資産を所有しています。

政府に所得税を出すためには仮想通貨を売って現金を確保しなければならない状況です。

12日、ビットコインの価格が急騰した理由は、米国の税金納付締め切りを控えて続いた’売り’攻勢がやや落ち着きを取り戻し、売りポジション多数が清算されたためと解釈されました。

ショート(売り)戦略の大半が清算されたことがラリーを加速したと説明することができます。