ビットコイン相場推移予想海外リアルタイム!イーサリアムとリップルなど仮想貨幣急騰!

“米税金シーズンの末、ヘッジファンドの流入”
ビットコインとイーサリアム、リップルなどの仮想貨幣の急騰!
仮想通貨相場(2018.4.21) ビットコイン6.12%↑・イーサリアム8.23%↑・リップル16.93%↑
・ビットコインキャッシュ(BCH)16.46%↑・IOTA 11.05%↑



仮想通貨ビットコイン相場が高騰した。

ビットコイン相場海外情報をリアルタイムで見てみます。

海外仮想通貨情報サイトCoinMarketCapによると、グローバルビットコイン相場は今日(21日)午前7時14分に買収量が増加、1時間ぶりに3.6%上昇しました。

午前8時30分現在、24時間比6.12%上がった8807.28ドルで取引されています。

主要アルトコイン相場も急騰しました。

CoinMarketCapを見ると、グローバルイーサリアム相場は今日午前5時14分に買収量が増加し、午前7時59分頃、618.72ドルまで上昇しました。

現在、24時間比8.23%上がった614.08ドルで確認しました。

グローバルリップル相場とグローバルビットコインキャッシュ(BCH)の相場は16%以上急騰しました。



グローバルリップル相場は現在24時間比16.93%上昇した0.921ドル、BCHの相場は現在24時間比16.46%上がった1129.05ドルでした。

CoinMarketCapによると、アップビートで取引されているビットコイン相場は現在8855.93ドルで、

Bitfinex(香港仮想通貨取引所)で取引されたビットコイン相場8819.30ドルより0.4%高い水準です。

専門家たちは仮想通貨相場上昇の要因として米国の税金納付期間の締め切りと大型ヘッジファンドの仮想通貨市場への流入を挙げました。

外信Cointelegraph、Bloombergなどは”17日以後の税金納付期間が終わってこれ以上税金を納付するための売りがない”、

“また、大型ヘッジファンドが市場に参入、仮想通貨・ラリーの動力”と伝えました。

ビットコイン相場推移と相場予想、イーサリアム相場とリップル相場、など仮想貨幣情報!


先立って、仮想通貨コンサルティング会社Fundstrat Global Advisor・リサーチ代表を務めている

Tom Leeは”米所得税納付期間が終われば、売り圧力が減少し、仮想通貨価格が再び持ち直るだろう”と展望しました。

彼は”所得税を出すために、仮想通貨を処分する投資者が増えており、仮想通貨価格が下落した”、

“昨年末基準で、米国家計が保有している課税可能な仮想通貨は920億ドル程度で、これによって最大250億ドル所得税納付が行われるだろう”と伝えました。



CoinMarketCapの4月21日午前8時30分基準グローバルな主要仮想通貨価格を見れば、

▲ビットコイン相場8807.28ドル▲イーサリアム相場614.08ドル▲リップル相場0.921ドル▲ビットコイン・キャッシュ相場(BCH)1129.05ドル▲IOTA相場 1.97ドルなどを示している。

これは前日比▲ビットコイン6.12%▲イーサリアム8.23%▲リップル16.93%▲ビットコインキャッシュ(BCH)16.46%▲IOTA 11.05%等で多くの仮想通貨が値上がりしています。