ビットコイン採掘量現在、マイニング投資?採掘機の需要激減!

ビットコイン相場が墜落し、ビットコインの採掘の採算性も急減したことが明らかになりました。

ビットコイン一つを採掘すると、数百ドルの損害という分析です。



現在、ビットコインマイニング投資をすることはだめですね。

米経済誌CNBCによると、グローバル投資銀行モルガン・スタンレーは専門採掘業者基準ビットコインの採掘コストが8600ドル水準だと分析しました。

現在、ビットコイン相場が8200~8300ドル程度という点を勘案すれば、採掘(マイニング)するほど、300~400ドルの損害が発生するという意味です。

ビットコイン採掘は、取り引き情報を持ったブロックの生成と連結のための複雑な計算過程を遂行し、その見返りにビットコインを受ける行為です。

高性能コンピューター装備と冷房施設、莫大な電気エネルギーが必要で、原価が高く策定されます。



原価を下げ、採掘効率を高めるために色々な人がコンピュータ資源を共有する’マイニンプル’が構成されたりもしましたが、

しかし、ビットコイン採掘量現在、競争が激しく、収益を出し難い状況になりました。

Charlie Chanモルガン・スタンレー研究員は”ビットコイン採掘機の需要が減ってこれによって相場も下がるしかないだろう”と言いながら

“暗号貨幣特需を享受していた台湾TSMCウェーハー需要も一緒に影響を受けるだろう”と分析しました。

実際TSMCは今年の売上高増加率の展望値を従来の10~15%から10%に下方修正しました。

そして、ビットコイン採掘と関連した需要の不確実性が一部影響を与えたと説明しました。



モルガン・スタンレーはTSMC売上で採掘関連装備が占める割合が10%にのぼると見ています。

日本経済新聞は”世界最大の半導体、ファウンドリー会社であるTSMCは仮想通貨採掘機製作のための注文型半導体(ASIC)特需を享受してきた”、

“最大顧客であるアップルのアイフォンの販売が低迷している状況でビットコイン採掘機の需要まで減ることになった”と説明しました。