仮想通貨 EOS(イオス)とは 価格 将来性について

仮想通貨市場が全般的な反発の雰囲気を見せている中、仮想通貨 EOS 価格の上昇の勢いが注目を受けています。

仮想通貨 EOSとは?EOS 仮想通貨 将来性!

EOS(イオス)はアプリケーション利用時ガス(GAS)が手数料として発生するイーサリアムと違い、手数料が発生しません。



EOS(イオス)は、選出された代表者の迅速な意思決定に修正やアップグレードが相対的に容易なアルゴリズムを保有しています。

ダニエル・ラリモEOS最高技術経営者はスチーム・ビットシェアなど開発経験があります。

海外でもEOS(イオス)に対する関心が高いです。

仮想通貨専門メディアCoinDeskはエイダ、トロンとともにEOS(イオス)を最も成功的な4月を送った仮想通貨に挙げました。

同メディアはEOS(イオス)が6ドルで4月を迎えて一ヶ月ぶりに20ドルを突破し、時価総額5位になったと報道しました。

仮想通貨市況中継サイトCoinMarketCap基準EOS(イオス)の4月の最高価格は29日に記録した22.89ドルです。

4月初めに比べ、およそ三倍近く上昇しました。



EOS(イオス)は、他の仮想通貨に比べて歴史が短い方です。

仮想通貨Bitshares、BTSとSteemの開発者デーンラリモとブランドン・ブルロモが共同設立したBlock.oneで開発したEOS(イオス)は昨年6月ICOを始めました。

EOS(イオス)が一ヵ月間も見せている急な上昇の勢いには’第3の仮想通貨’と呼ばれるEOSの発展した技術力に対する期待感が存在します。

EOSは、作業証明(POW)、持ち分証明(POS)など、従来のブロックの合意アルゴリズムとは違って、委任の持分証明方式(DPOS)を使用します。

POSが持分を持っている人なら誰でもブロック生成の権限を有する直接民主主義なら、

DPOSは少数の特定のノードでブロック生成の権限を委任され、ブロックチェーンを運営する間接民主主義の方式です。

それだけに他の合意アルゴリズムとは違って、取引にかかる時間を画期的に短縮させることができます。

簡単に仮想通貨 EOSとは何か価格と将来性について調べてみました。