仮想通貨ニュース最新問題点は、仮想通貨価格の不安定!

仮想通貨ニュース、価値の不安定が最大の問題!

仮想通貨がより広く認めさせるため、価値の不安定性が最大のネックだという米セントルイス連邦準備銀行総裁が1主張しました。



ニューヨークブロックチェーン週間のコンセンサスカンファレンス、講演者として務めたジェームス・大学の総裁は、米経済放送CNBCのインタビューで

“価値の急激な変動のために投機勢力が大手を振っている中、個人・企業が市場を離れそうだ”とこのように強調しました。

仮想通貨価格は、号・悪材料に一喜一憂し、連日ローラーコースターに乗っています。

昨年末、二万ドルに迫ったビットコイン価格は6ヵ月ぶりに半減しました。



コインデスクによると、午後7時55分基準、24時間前より0.07%下落した8682.14ドルに取引されました。

James Bullard米セントルイス連邦準備銀行総裁は”主要国通貨がほとんど経験したことのない状況を仮想通貨だけが経験している。

ベネズエラ・ジンバブエなど一部の国だけ通貨発行量統制の失敗で現れたハイパーインフレーションのため、同じような状況に置かれた”と付け加えました。

James Bullardはさらに、”ビットコインは発行量が制限されているが、投資者に安定的価値が維持されるだろうという確信を与えなかった”と指摘しました。

彼によると、”貨幣発行主体が誰で、未来貨幣の発行を置いてどのような約束をし、このような約束の信頼性を維持できるかが重要だが、

もしそうでない場合、貨幣価値は、ベネズエラのボリバルのようにゼロ(0)に向かう可能性が大きい。”とし、

彼はまた、”現在は連邦準備制度が、独自の仮想通貨を導入する可能性が小さい。 仮想通貨が米ドルを脅威しないだろう”としながらも

“中央銀行レベルで仮想通貨の動きを綿密に注視している”と話しました。