ビットコインとイーサリアムなどハッキング盗難事件!

最新ニュースです。

最近、ビットコインとイーサリアムのハッキングで話題ですね。

中国でビットコインとイーサリアムのハッキング盗難事件がありました。

中国で個人コンピューターがハッキングされ、100億円に達するビットコインとイーサリアムなど仮想通貨が盗まれる事件が発生しました。



今回の事件は、中国で発生した仮想通貨のハッキング窃盗事件の中で最大規模です。

中国のメディアによると、陝西省公安はビットコインとイーサリアムなど仮想通貨を盗んだ疑いを受けるハッカー3人を同時に検挙しました。

盗んだイーサリアムなど仮想通貨を売った収益を分けて持っていることが調査されました。

過去の有名コンピューター会社に勤めて専業ハッカーに転じた彼らは悪性コードなどを植えて被害者のコンピューターを掌握し、

出持ち主の密かに仮想通貨の財布を奪取して行ったことが分かりました。



陝西省の公安関係者は”今まではこのような類型の事件を扱って見ず、今回が初めての仮想通貨の捜査だった”、

“専従捜査チームを立ち上げ、国内外の事件のケースを研究して海外の英語資料などを訪れ、捜査を進めた”と話しました。

公安は仮想通貨を保管する時インターネットと物理的に分離された保存装置を利用することを勧告しながら

仮想通貨の財布が設置されたコンピューターでセキュリティに弱かったインターネットのチャットやゲームなどを行えばセキュリティに脆弱だと警告しました。

中国はビットコインなどの仮想貨幣規模が大きくなると、自国内での取引所の全面閉鎖したことがあります。



しかし、中国人たちは依然としてビットコインなど世界の仮想通貨市場に活発に参加していますね。

特にビットコインとイーサリアムなど仮想通貨の有効性を検証してくれて補償として仮想通貨を受ける採掘市場で中国メーカーは独歩的な地位を維持しています。