イーサリアムの下落の理由はこれだった!

8月暴落の理由と原因を分析します!

最近、イーサリアムの暴落の理由は何だと思いますか?
海外分析ニュースで調べてみます。



8月、イーサリアムの下落理由は?

世界2位暗号化廃人イーサリアム(ETH)相場は櫛サム基準2018年1月、空まで跳ね上がった下落を繰り返し、今月に入って下落傾向を記録している。

専門家らは、このような価格の下落傾向に対し、暗号・貨幣市場の長期的な弱気の場が最も大きな原因だが、これに加えてICO(暗号貨幣公開)に資金をモグプハた、スタートアップ達のイーサリアムの売りに出たためイーサリアム価格をさらに苛酷にしたものと解釈している。

また、実体経済で採択が増えるほど、イーサリアムプラットフォームが増えたトランザクションの規模に耐えられないという懸念も価格の下落をあおっていると分析している。



イーサリアムの下落の原因はこれだった!

実際ICOに投資金を誘致した、スタートアップらが最近、イーサリアムを法定通貨と現金化するため、大々的な売却に乗り出せば、大幅な下落傾向を味わった。

また、他のイーサリアムの下落の大きな理由として数十万個のイーサリアムを保有している’イーサリアム鯨(ethereum whales)’の売り越しを受けたものだという主張が提起された。

暗号紙幣専門媒体CCNによると、”イーサリアムICOに対する投資の結果、ネットワークのジェネシスブロック(Genesis block)で314,000個以上のイーサリアムを受けた匿名の投資者が今週に約550万ドル相当の万個を超えるイーサリアムをグローバル暗号貨幣取引所ビットファイネックス(Bitfinex)に移動した。

メディアは”匿名の投資者は、この5月にも約6,500万ドルの価値がある116,000個以上のイーサリアムを移動した”、”イーサリアムの大半は数カ月間の取引期間の間取引が完了したものとみられる”と伝えた。

この財布が初めてでビットファイネックスで資金を移動し始めて以来、5月28日イーサリアムは573ドルの価格で、現在の285ドルで50%以上下落したというのがCCNの主張だ。

問題はこのイーサリアムクジラはまだ約2,800万ドル相当のイーサリアムをまだ財布に保有しているという点だとCCNは付け加えた。



今後、イーサリアムの下落と暴落は続くのか。

一方、業界と専門家らの間では今後イーサリアム価格と将来の成長見通しに対する意見が分かれている。

イーサリアムの共同創始者であり、ブロックチェーンソフトウェア開発会社であるコンセンシス(ConsenSys)の最高経営者のジョセフ・ルービン(Joseph Lubin)は最近、ブルームバーグとのインタビューで”昨年暗号貨幣の急騰は、バブルであり、現在価格が落ちても、イーサリアムと暗号貨幣は急成長している生態系がはっきりしている”、”昨年価格が急騰し、開発者の活動が2倍以上増加しており、今回の価格の下落でイーサリアムの中核インフラと開発が遅れるのではという懸念は全くない”と今後の展望を楽観的に見通した。

一方、代表的なビットコインの強気論者であり主要暗号貨幣取引所ビットメックス(BitMex)の最高経営者(CEO)のアーサー・ヘイズ(Arthur Hayes)は”イーサリアム価格が100ドル以下へと墜落すること”だと否定的に展望した。

Arthur Hayes代表は、ビットメックスのニュースレター(BitMEX Crypto Trader Digest)を通じて”イーサリアムは、昨年初めからICOによって価格が策定された仕様がないコイン(Ether、A Double Digit Shitcoin)”だと言って”イーサリアムがセジャリッ数で二桁のコインに墜落するのは、まさにこの瞬間”と指摘した。